So-net無料ブログ作成
文章のみ(福本語り) ブログトップ
前の10件 | -

ブラック岸辺くん [文章のみ(福本語り)]

裏に岸辺とへろらくがき、岸へろ語りなど。




拍手ありがとうございます!

3/17日15時の方>
ネットニュースにもなってましたよね。







ひじょーに遅ればせながら「HERO」五巻感想など。

いやー、麻雀バトルも熱いんですけども
何と言ってもこの巻は岸辺くんですよね岸辺くん。
もー何あの悪い顔は。
前から岸辺くんラブラブラブラブ言ってたんですけども
ますます惚れちゃったじゃんやだー。

まあ、前巻からそれっぽいフラグはあったんで
こりゃ裏切り来るなーとは思ってましたが
やっぱきましたか。

とはいえ、本心描写を見るに
本気でへろを応援してたみたいなんで
何かワケがあるんだろうとは思ってて

で、最近は近麻本誌は読んでないんですが
でもHEROだけは5巻の続きがすごーく気になったんで
3月分は読んだら
あ、意外に早い種明かし。(以下、本誌微ネタバレ)


おおう、こうきましたか。彼だったんすかー。


ブラック岸辺くんとへろのガチ麻雀対決を見たかった気もしますが
でも、やっぱ岸辺くんはへろの味方であってくれる方がほっとしますねっ。

しかし、天登場人物が次々出てくるんで
東西戦という事もあり、原田も出てきそうな予感。
うーむ。続き気になるー。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

近代麻雀8.1 [文章のみ(福本語り)]

拍手ありがとうございます!
更新ない時も拍手ありがとうございます〜。





以下、近代麻雀8.1号ネタバレ。






今回の「アカギ」。
ん、これは思ったより早く鷲巣戦終結か?
仰木のモノローグはその前ふりなのか?
まあ福本先生だからなー。
どうなるかわかんないねっ。

それにしても
福本先生のアカギを表す言葉の表現が
すごく美しいなといつも思う。

「そんな悪しき事すべてを呪わない・・・・」
「そんな・・・きれいな男だから」

という仰木のモノローグ
これは福本先生のアカギ観でもあるよね。

良きも悪きもすべてを受け入れ、しかしあきらめない
というのは難しい事だよなあ。



そんで「角刈りすずめ」は相変わらず面白いなあ。
もう買う。単行本出たら買う。

そんで「卓上のコビト」。
わー、今回すごく面白いーと思ってたら
え、第一部完?
で、次回登場にご期待下さいって
次回未定って事?!
そりゃねえよー。人気なかったのかなー。
さくやぴょん可愛いかったのになあ。
またこの作者さんのマンガ、読みたいなあ。

最近はマジ全体的に読み応えあって面白いよ近麻。
今ならアカギ連載なかったとしても買うなー私。


そんで「ゴロ」の単行本一巻も買っちゃったんだ。
雀ゴロのリアルな世界の話で
福本二次創作やるなら知っといた方がいいかなーという
知識を得られそうだと思って買ったんだが
うむ。
ちゃんと読むとめっちゃ面白いわ。
普通に楽しみだわ。


麻雀群狼記 ゴロ 1 (近代麻雀コミックス)

麻雀群狼記 ゴロ 1 (近代麻雀コミックス)

  • 作者: 来賀 友志
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

近代麻雀1.15 [文章のみ(福本語り)]

拍手ありがとうございます!

Indy様>
偶然といえば他にもね。治と仲井がどうにかなるとしたら
きっと仲井が怪我した時とかだろうなーと
実はずっと前からひっそり思ったんですよー。
そしてIndyさんの小説を初めて拝見したら
ああっ!これは!同じ嗜好・・・・じゃなくて思考!と(笑)
治の方からきっかけ作るところといい
きっと仲治に対するイメージが似てるんですねー。
いや、なんかすいません。私は嬉しいですが!





近代麻雀感想。
微ネタバレ。






はい。今月のワシズですが。
いや、あいかわらずのはじけっぷりでめっちゃ癒されます。
ナマモノ風水盤とか恍惚文字とかなんかもう。
なんでしょうか。空耳ボケがマイブームなんですか隼くん。

そしてモンハンっつー略はやめて下さいよ兄さん!(笑)

今回はワシズさまあんまり出番なかったけど
ラストページの「トントン」のシーンが異常にカッコいいんですがっ。
なんだかんだでおいしいとこ持って行く男!

しかし今回一番笑ったのは
近麻表紙のワシズのアオリ文句だったかもしれない。

「話題独占!!尊大連載!!」
「ワシズ様の傲慢麻雀絶好調!!」

なんじゃそりゃーっ!!!(笑)

いろいろツッコミ所はあるけどアレですか。
とりあえずワシズさまが様付けで呼ばれるのはもう公式だと。
ああ・・いろんな意味で「ワシズ」ははずさないなあ。

そして「ムダヅモ」がなかったのが寂しかったなー。
でも今月単行本出るんだよね。楽しみだ。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

近麻12月号 [文章のみ(福本語り)]

拍手ありがとうございます!

2日四時の方>
ありがとうございます〜。
まさか遠藤さんをお褒めいただけるとはっ!
とても嬉しいです。
確か一回しか描いた事なかったはずですが
福本サイト開始直後のけっこう昔の絵なんでお恥ずかしいですー。
遠藤さんももっといっぱい描きたいキャラなので
がんばってみようかな!
カイジキャラ、なかなか手がまわらないんですけど
一条店長とか佐原とか石田さんとか
描きたい人多いんですよねえ。





近麻12月号読んだよー。
微ネタバレだよー。




今回の「HERO」ですが。
もう自分、絵を見てるだけで鼻血でそうなくらい
前田先生の絵が好きなんで

たとえこれから先話が面白くなくても
絵を見てるだけで幸せだから何も文句はないぜ!何でも許すぜ!

みたいに超エラソーな事を思ってたんですけども

すいません。
面白いです。
すっげー面白いです。

「ワシズ」とは違う直球の面白さ。
真っ正面から麻雀バトルの展開をちゃんと盛り上げ
見せる正当なやり方。
ひろの性格もちゃんと織り込みつつ
ハラハラさせるネームが上手いわ。

世間的にはどうかわかんないんですけど
私、ちょっと、もうわけわかんなくなるくらい
すごく、好きだこれ。

そんでまた
前回から騒いでますけど
前田版の天のドSっぽさは何これ。
目付きか?目付きのせいなのか?!?!
なんてことない
「ツモったかい?ひろ」という
この一言がめちゃくちゃSっぽく感じて
すごくときめくんですけど!!

おっかしーな。
別にSキャラ好みというわけじゃなかったんだけどなー。

天に翻弄されるひろもまた、妙に色っぽくてええのう。

そして、いつもひろ応援団の沢田さん。
ひろ贔屓なんだねえ。

そして冒頭にでてきた謎の人影なんですが
正体明かさないまま次号へ続くですかっ。
このまま一ヶ月待つんですかっ。
気になるよーっ!!
新キャラかなー。天キャラかなー。
とりあえず原田はやく出してほしいです。




今回の「アカギ」は鷲巣さまが無事ならもういいよ。
それだけでいいよー。
一応アカギはここでは死なないと未来決定してるしねー。

とりあえず「HERO」よかったHEROー。
こうなれば単行本が早くでてほしいですわね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カイジ和也編など [文章のみ(福本語り)]

拍手ありがとうございます!

6日2時の方>
ありがとうございます〜。
ここ数ヶ月、更新少なかったにもかかわらず
来て下さって恐縮です。
なんとなく、ウチへ来て下さる方々は零涯好きやアカ鷲吉鷲好きがほとんどで
あんまり天カプに興味ない方が多い気がしてたのですが
喜んで下さってすごく嬉しいです。
HERO、面白かったですよね!この先どのキャラが出てくるのか
新キャラとか出るのか楽しみなのです。




「カイジ」和也編一巻と「アカギ」23巻を買った。
以降ネタバレです。
ご注意。





で、カイジですが。
いや・・・少年誌の零と違い、たぶん
アップテンポで描かれる気はさらさらないとは思ってましたが。

ま・・まさか・・・・
まさか半分が和也先生の小説の内容だとは・・・・。
真マジンの最終回も読めなかったがこっちも読めなかった(笑)。
やられたーっっっっ(笑笑笑)

いやー、なんかこの内容ハードなドリームキングダムみたいですな!
執拗な愛否定がまた、かえって愛を求める和也のあがきに感じる・・・とか
そういうマジな事はどうでもいいよ笑えるよなんか!

あうっ。
毎回カイジは一編が全13巻ってのが今までのパターンだけれど
終われるんですか今回それで・・・。
次の巻丸々小説続いてたらどうしよう。
そんで10年たってもまだ和也と闘ってたらどうしよう(笑)。
いや、案外笑い事じゃないのかもしれない。

雑誌の方読んでないからわからんが、どうなんでしょうか。
いやー、二巻がいろんな意味で楽しみになってきた!

そんで和也先生。「愛よりも剣」ってタイトル
微妙に語呂が悪くて最高ですっ!

いやー、感想ラクガキでもしようと思ってたけど
意外すぎる構成に度肝をぬかれて
どこセレクトしていいかわからなくなったんでやめましたわ(笑)。


「アカギ」の方は
「つれないな・・・鷲巣巌」の回
近麻を買い損ねてたので読めて嬉しい。
この話のアカギ、えらくカッコいいなー。
「たまには・・・見ろよオレを・・・」とか
「見なきゃ躱せないぜ・・・!リーチは・・・」
とかなんかドキドキしますねー。

ああ、しかし「愛よりも剣」に全部もってかれたよもう(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福本絵 [文章のみ(福本語り)]

今日は久々に裏に、沢ひろ落書きと語りなど。




最近前田絵前田絵〜ばっかり言ってるんで
今日は福本絵の話でも。

もちろん福本絵も大好きな訳で
むしろ福本絵の方が、自分的萌え度が高い絵なんですよ。

絵についてけっこう突っ込まれる事の多い福本先生ですが
福本先生ってすごく絵上手いと思うんですよねえ。

作品内で、読んでて誰が誰かわからなくなる事は絶対ないし
何をしているシーンなのかが一目でわかる。
漫画のための絵は、デッサン力より上記の方が大事だと
いつも思ってるんですよあたしゃ。

その意味で、福本先生は初期の頃からすごくそれができてて
読みやすい。
話だけでなく、その部分、もっと評価されてもいいのになあ。
これだけ人気作家になったのは
やっぱ読みやすかった事もあると思うんですよねえ。

むろんそれだけでない不思議な魅力があり
だからこれだけBLも盛んなんだと思うんですが。

久々に「天」を読み返して
ああ、やっぱ可愛いよなあ。福本キャラ・・・・と
しみじみ思ったんで
語ってみました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

逆境の闘牌 [文章のみ(福本語り)]

拍手ありがとうございます




今日発売の「近麻」を買って読んだ。
次号の新連載の予告を見て心の底から驚いた。

「HERO 逆境の闘牌」
前田治朗 (協力)福本伸行
衝撃の!!「天」スピンオフ巻頭カラー52P新連載

アカギの死から三年・・・・・
壮絶を極めた真の勝負、東西決戦!!
そして抗うことのできなかったアカギの死・・・。時は再びめぐり・・・、
ふたたび物語は動き出す。

というキャッチコピー。

え。
えー???

前田氏の絵で天と赤木のイラストが。
真ん中のイケメンはもしかしてひろゆきですか。
スピンオフというか、天の続編的な感じするんですがっ。

最近いろいろさぼってて前情報が全くなかったんで
ちょっと動揺しまくりです。
えー。えー。

いやー、前田氏の絵も作風も好きだし
スピンアウトには抵抗はないんですけど
「天」の場合はあのラストで終わっててほしかったような
続くというのなら、できれば福本先生ご本人に
描いてほしかったような・・・。


ちょっと動揺しすぎて
考えがまとまりませんよ。

ワシズ感想書こうと思ってたけど
頭冷やしてからにしましょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

言霊 [文章のみ(福本語り)]

megupo.jpg


めぐぽラクガキ。
GUMI可愛いなーGUMI。
ゆうきまさみ氏のデザインらしく、元気で明るいだけでなく
どこかすっとぼけた感じがあるのがイイっ。




拍手ありがとうございます。

真様>
はじめまして。コメントありがとうございます。
鬼畜幸雄に萌えていただいたそうで(笑)嬉しいです。
鬼畜幸雄、ひょっとしてけっこう需要あるのかしらっ。
自分、できるだけ多くの福本キャラを幅広く描こうとする傾向があるので
ローテーションが回ったり回らなかったりしますが
カテゴリを作ってる設定は基本的に描く気があるものなので
また気が向いたらのぞいてみて下さいね。





「一人マッドハウス」の異名をもつMI○氏の
ニコ動マイリスを久々に見に行ったら新作が来ていた。
「無頼伝涯OP風」だった。

今日は他の事を色々書こうと思ってたのに
それを観たとたん他のすべてがぶっ飛んだ。
スゲー。
なんかもうスゲー。

この方は新作作るごとにいろんなものがレベルアップしておられるが
今作ももう、犯罪的に超絶クオリティ。

しかも涯で作ってくれてありがとうございます本当。
いや、別に私のためじゃないが。

やっぱアカギ、カイジに比べると福本他作品でのMADは少ないから
しかもこんな高レベルなものを観られると
マジ幸せ。

ついでに語ると
私は本当に「無頼伝涯」という作品が好きで
特に一巻の警察との攻防から、涯の過去の話までの展開は
実を言うと福本作品で一番好きである。
今まで何度か語ってるからバレてるかもしれないが。

絵的にもこの頃が一番好きかもしれない。
も〜〜〜五巻表紙の涯の顔の男前っぷりには
思わず照れるくらいだ。

むろんどの時期にもその時期の絵の良さがあるんですが。

それだけでなく
この頃(2000年〜2001年)は福本作品の言葉の力が非常に強いと
当時から感じていたのですが
涯にはそれが集中していて
もう
「孤立せよ・・・」とか
「立派に成し遂げろ・・・・公僕っ・・・」とか
ガツンガツンくる台詞オンパレードで
本当にもうしびれましたね。

カイジでいうとちょうど「破戒録」の
地下強制労働編あたりですね。
あのへんの作中の言葉も
「ああ・・・・それにしても金が欲しいっ・・・・」とか
「こんな理不尽な事がオレの身にばかりにっ・・・・・」とか
なんかわからんが・・・響くっ・・・・みたいな
強烈さを持ってましたね。

少年誌でなく青年誌なら「涯」も打ち切られなかったのか
とか思うけど
まあ、もしの話をしても詮無い事だしな。
未だにファンには愛されてるって事で、これでいいのかもしれないなあ。



福本ファンであってくれてありがとう。
タグ:福本伸行
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

開示 [文章のみ(福本語り)]

拍手ありがとうございますー

30日22時の方>
おお、ご存知でしたか「エンゼル・ハート」。
ですよねー。室内装飾などのビジュアルや
演出が印象的な映画でしたよね。
いや、ホントにあのラストは衝撃でした。
こんなお話をしてると自分ももう一度観たくなってきましたー。
あの映画のおかげですっかり会長のイメージが悪魔デニーロで
固定ですよ私の脳内では・・・。




昨日のいきおいでカイジの事を語りたくなってきました。

カイジって福本キャラの中でも屈指の複雑なキャラだと思ってるんですよ。
複雑といえばアカギなんですが
アカギの場合は誰が見ても
「天才」で「凡人には理解し難い」
という事が「わかる」んですよね。

「わからない」事が一目で「わかる」という意味において
わかりやすいとでも言いましょうか。

カイジという人は
どこにでもいるような青年のようでやはり違ってて
わかりやすいようで実は非常にわかりにくい。

平凡に見えてそれでいてある種の鬼才で
ヘタレなのに炎のような激しさも持ってて
人付き合いが下手なのにいざとなるとリーダーとなる個性があり
勝つためにはモラルを平気で無視するのに人を裏切る事はない。
何より自分の誇りを失わない。

みたいに相反した部分をいっぱい抱えてて
でもキャラクターとして不安定だとは感じさせない。
カイジの個性として完成されている。

それは人間をちゃんとわかっているからこそ描ける
キャラ造形だと思うんですわー。
いや、福本先生、ものすごいキャラクターを創造されたなあと思います。

私がカイジというキャラクターを最初に凄いと思ったのは
実は第一話でのカイジの部屋の表現だったんですね。

普通、一人暮らしの若い男で
しかも働かず無為な毎日を送ってるようなタイプのキャラなら
その部屋は汚く描くと思うんですよ。

それなのに綺麗。
カイジの部屋きれい。
怠惰と整頓が同居している。

29歳ひろゆきなど、荒れた生活を送ってる他のキャラは
ちゃんと部屋も荒れてる表現をされているので
たぶん狙ってやってるんだろうなと。

ベンツのエンブレム収集にしても
そのへんにつっこんでおく訳でもなく
整然と並べて壁にかけている。

そういう描き方ににカイジというキャラの抱える複雑さが垣間見えるようで
そしてカイジのある種偏執狂的な部分が
表現されているようで
ああ、面白いなあと思ったんですよ。

そんなカイジ、ラストはは幸せになれるのかどうかわかんないけど
連載終わる日まで刮目して読ませていただきます。

タグ:福本伸行
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

怪鳥 [文章のみ(福本語り)]

拍手ありがとうございます


29日23時の方>
確かに逆毛オールバックのキャラ多いですよね〜。
描き分けできていると思っていただけたなら嬉しいです。
天は面長でゴツいアゴ、仲井は正四角形っぽい顔の形でタレ目気味、と
福本先生がちゃんと描き分けておられるので
二次創作する身としてはそれほど困らないのです。
どっちかいうとシンプルな絵なのに
違いがちゃんとわかる福本漫画はやっぱり凄いです。


30日0時の方>
いやー、すいません、実は「偽書」読んでないんです。
ちなみに「飛焔」も読んどらんのです。
ゲッターの名がつく漫画である以上、
きっと石川漫画的なものを求めてしまうと自分でわかってるので
読まないようにしてるんですわ。
でも、違う作家さんが描くからには
その作家さんの個性が出るのは当然だと思いますし
それでいいと思ってます。
石川ゲッター読みたくてももう石川先生いませんもの・・・。





アニメカイジ、やっと最終回まで観た。
会長ーっ。カッコいいよかいちょーっ。
いつも思うが手の動きがエロいよ兵藤会長。
カイジといっしょに当たりくじつまみあげるシーンとか
例の当たりくじをカイジの胸ポケットに入れるシーンとか。

なんか会長は手がキレイなイメージがあって
(破戒録のパニッパニッのシーンのせいだと思う)
映画「エンゼル・ハート」で悪魔役してたロバート・デニーロを思い出す。

そしてラストのカイジも好きなんだよね。
「手痛く負けた時こそ胸をはれっ」のシーンのカイジの誇り高さに惚れる。
これがあるからこそカイジは主人公たりえるんでしょうなあ。

日常の平和な時に優しい立派な人間でいるのはたやすいけど
極限状態の時に弱さや汚さが出るのが普通の人。
それを否定はできないのだけど
思えばカイジはそれとは反対の人間なんですよねー。

普段はダメダメ人間なのに
極限でこそ人間としての優しさや誇りを見せるという。
それができる人って凄いなと思うよ。
普段から出せたらもっといいんだけど!(笑)

うーん。
やっぱり好きだなあ。カイジ。


エンゼル・ハート [DVD]

エンゼル・ハート [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD


若い子は知らんと思うが独特の映像や演出がものすごい
名作なんでお勧め。
ちなみに怖い系でグロい部分もあるんで気をつけよう。
ゆで卵を転がして割るデニーロの手と爪の美しさに注目。

・・・・で、後で調べて気がついたけど
デニーロのフジ版の吹き替え声優さん津嘉山さんだよ!
会長だよ!
そうだったのかーっ!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 文章のみ(福本語り) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。